Hidenori Sugai
Hidenori Sugai

井秀憲(すがい ひでのり)

 
声楽家(バリトン)/財団法人 二期会会員
合唱指揮者.voice trainer,vocal director
 
京都府出身。東北学院高等学校卒業、武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、二期会オペラスタジオ修了。Hi-De Shout International代表取締役

profile

日本では宮本昭太、横山修司に、イタリアではエッダ・リゲットにオペラ、発声を師事、ニューヨークではJuanita Flemingにゴスペル・ポップスを師事、ロサンゼルスにてHiroki Konnoにポップス発声を遊学で師事。

ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」(仙台フィルハーモニー管弦楽団)のバリトン独唱で出演。

ニューヨーク・カーネギーホールでは「HIDE GODSPEL JAPAN」を率いて出演。指揮、ピアノ、ソリストを担当し、Hezekiah Walkerのナンバーを演奏。客席から好評を博す。

また「ウィンザーの陽気な女房たち」ではDr.カーユス役にオーディションにて抜擢されデビュー。音楽雑誌「ミュージカル」にオペラ歌手としての演技に好評を得る。

新国立劇場、藤原歌劇団、帝国劇場、日本オペレッタ協会などのオペラ、ミュージカルに出演。

またハロープロジェクトヴォーカルアドバイザーとして、テレビ東京のASAYANではモーニング娘。5期、6期、8期メンバーオーディションのボイストレーナーとして出演。AKB48のヴォーカルアドバイスも務める。以降ミュージカル歌唱指導、ボーカルディレクターとしてコンサートツアーに帯同、プロダクションアーチストのレッスン、メンテナンスを担当するとともに、TV出演などで活動の場を拡げている。